So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

Wickham, Medieval Europe [Medieval History]


Medieval Europe

Medieval Europe




 オックスフォード大学チチェーレ講座を退いたウィッカムの新著。Framing the Middle Agesが400年から800年、Inheritance of Romeが400年から1000年までを扱っていたのに対し、こちらは、400年から1500年という1000年に及ぶ中世全体。それを257ページの本文でまとめている。ウィッカムの言葉によれば、Inheritanceで初期中世はより詳細にあつかったので、本書ではそれ以降の時代に全体の6割を当てるそうな。時代幅はどんどん長くなるのに、ページ数はそれに反比例して短くなる。

 ウィッカムは初期中世の専門家と思われがちですが、もともと12世紀トスカナの専門家。来日時の報告は13世紀の土地台帳の検索システム分析でした。そのトスカナは、中世後期ヨーロッパの華ルネサンスの揺籃地でもあります。ヨーロッパ史のキーとなるトスカナを定点観測し続けたウィッカムには、中世全体を見通すだけの資格がありましょう。ざっと見たところ、政治史枠の変遷はきちんと押さえつつも、彼が得意とする社会経済史にそれなりのページを割き、妻であるビザンツ史家Leslie Brubakerとの対話の結果なのでしょう、ビザンツとの関係を随所に織り込み、ジェンダーについても一章を設けています。また、オックスで進められているグローバルヒストリーの影響もダイレクトに現れており、ネットワークという言葉が所々に頭をもたげ、前著に比べて人やものの移動に大きな重心が置かれています。

 いずれの著書でもウィッカムが述べる主張があります。それは、たとえばグレゴリウス改革であるとか第4回十字軍であるとか、結果から遡って以前の時代の出来事を価値づけるteleologicalなものの見方はすべきではないとの主張です。10世紀の修道士は11世紀のグレゴリウス改革を予見していたわけではない、と。ウィッカムは、ネオマルクシストであるものの、歴史家が陥りがちな目的=結果という因果論的解釈ではなく、現象としての変化(change)に着目します。何が大きく社会を変えることになったのか。・・・しかし政治史的変化では目的論的思考を戒めはするものの、下部構造の変化に上部構造の変化を結びつけ、変化という現象をただ現象として記述するにとどまらずカテゴリー化するのは、ネオマルクシストのさがでしょうか。もっともそれがウィッカムの記述のそこかしこに見え隠れする、土地こそ全て!という中世観を生むわけですが。

 書評では居並ぶ一流中世史家が絶賛しています。程よいページ数の新世代中世論として翻訳に手を挙げる出版社が出てきてもいいんじゃないでしょうか。ただしまともな訳者を選んでいただきたいところです。ただ単純に語学ができると思い込んでいる文学者などをけっしてあてがわないように。悲劇は繰り返されてはならない。

共通テーマ:学問

Die Wirklichkeit und das Wissen [Historians & History]

Die Wirklichkeit und das Wissen.jpg
Otto Gerhard Oexle, herg. von Andrea von Hülsen-Esch, Bernhard Jussen, Frank Rexroth
Die Wirklichkeit und das Wissen: Mittelalterforschung – Historische Kulturwissenschaft – Geschichte und Theorie der historischen Erkenntnis
Göttingen:Vandenhoeck & Ruprecht 2011, 1060 p.




続きを読む



共通テーマ:学問

Le monde byzantin, III: L'Empire grec et ses voisins [Reference & Dictionary]

Le monde byzantine, vol.3.gif
Angeliki Laiou Cécile Morrisson ed.
Le monde byzantine, III: L'Empire grec et ses voisins, XIIIe-XVe siècle (Nouvelle Clio)
Paris:PUF 2011, lxx+494 p.

続きを読む



共通テーマ:学問

The Renaissance in historical thought [Historians & History]

Renaissance in historical thought.jpg
Wallace K. Ferguson
The Renaissance in historical thought. Five centuries of interpretation(Reinassaince Society of America reprint texts 16)
Tronto: Universityof Tronto Press 2006(originally 1948), 429p.

続きを読む



共通テーマ:学問

The Italian Renaissance state [Medieval History]

The Italian Renaissance state.jpg
Andrea Gamberini & Isabella Lazzarini eds.
The Italian Renaissance state
Cambridge: Cambridge UP 2012, xiv+634 p.

続きを読む



共通テーマ:学問
前の5件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。