So-net無料ブログ作成

ゴトランドの絵画石碑 [Medieval Sweden]

ゴトランドの絵画石碑.jpg
エーリック・ニレーン/ヤーン・ペーテル・ラム(岡崎晋訳)
ゴトランドの絵画石碑 古代北欧の文化
彩流社 1986年 235頁


凡例
はしがき
ゴトランドの絵画石碑
絵画とその背景
終わりとはじめ
絵画石碑の船の帆走
絵画石碑分類の大要
組み絵のしおり
ゴトランドの絵画石碑一覧表
ゴトランド絵画石碑の所在と教区図
典拠と文献の目録
訳者註
ゴトランドの古代
あとがき

Erik Nylén & Jan Peder Lamm
Bildstenar
Stockholm 1983

* * * * * * * * * *

ゴットランドは歴史的に非常に興味深い島である。ここに少し書いたので繰り返さないが、スウェーデンの一部でありながら、本土とは異なる歴史を積み重ねてきた。本書で紹介される絵画石碑もそのひとつである。何度も強調するが、島の歴史は重要である。別に私が島の出身だからそう言うわけではなく、私たちに伝えられている歴史的事実がそう言わしめるのである。島と船は不可分であり、船と権力も不可分である。

ゴットランドには民族移動期からヴァイキング時代にかけて、500近い絵画石碑がある。ヴァイキング時代のものはいわゆるルーン石碑であるが、7世紀以前のものはだいたい絵画のみが描かれる。この絵画が非常に興味深い。ゲルマン神話を描いたものもあれば、太陽をかたどったと思しき文様もある。スーネ・リンドクヴィストが2巻本のカタログにそのほとんどを写真で収めている。著者たちはこうした高度の絵画技術は本来北欧のものではなく、ローマ世界から移入されたものであろうと推測している。証明は困難であるが、人やものの交流があったことは確かなので、筆者の推測はまあ妥当であろうと思う。…イギリスとか北欧とか、文明世界の僻遠にあった地域ほど、ローマとのつながりを強調する傾向があるのはなんでだろうね。

本書は一般向けながらきちんとした専門家の手になる良書である。わたしは原著をもっていたが、この訳書がなかなか手に入らなかった。「日本の古本屋」でいくつかあったのでようやく購入できた次第である。なお訳者は、「本書が契機となって、今後類書が多く出版されるようになれば、訳者にはそれ以上の喜びはなく、それを願っている」とあるが、現状はお寒い限りである。きちんと北欧語と専門を収めた人間が出てきて欲しい。といっても日本に北欧研究のポストなどほどんどないんだけどね。かつて大学にあった教養課程の語学ポストは、良い翻訳を生み出すために用意されていたようなものである。

訳者の岡崎は1925年生まれ。もと東海大学教授。東海大学は旧大阪外国語大学(現大阪大学外国語学部)とともに、日本で北欧語の専門学科を持つ数少ない大学。訳業の中にある、おそらくスウェーデン語からの翻訳であろう『性の科学』や『高校生のための性知識』が時代を感じさせる。かつての北欧のイメージは、解放された性であったことの証左であろう。

共通テーマ:学問

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。