So-net無料ブログ作成

Die Fürsten des Landes. Herzöge und Grafen von Schleswig, Holstein und Lauenburg [Medieval Denmark]

Die Fuersten des Landes.jpg
Carsten Porskrog Rasmussen hrsg.
Die Fürsten des Landes. Herzöge und Grafen von Schleswig, Holstein und Lauenburg
Neumünster: Wachholtz 2008, 479 S.Vorwort

- Einleitung(Carsten Porskrog Rasmussen)
- Die frühen Schauenburger als Grafen von holstein und Stormarn (12.-14. Jahrhundert)(Detlev Kraack)
- Das Abel-Geschlecht und die Schauenberuger als Herzöge von Schleswig(Esben Albrectsen)
- Die dänischen Könige als Herzöge von Schleswig und Holstein(Carsten Porskrog Rasmussen)
- Junker Christian und Herzog Hans der Ältere(Lennart S. Madsen)
- Die Herzöge von Gottorf(Lars N. Henningsen)
- Die Fürstbischöfe von Lübeck aus dem Hanse Gottorf(Dieter Lohmeier)
- Herzog Hans der Jüngere(Inge Adriansen)
- Die Herzöge von Sonderburg(Inge Adriansen)
- Herzog Christian von Ärö und die Herzogszeit der Insel(Peter Dragsbo & Carsten Porskrog Rasmussen)
- Die Herzöge von Norburg(Peter Dragsbo)
- Die älteren Glücksburger Herzöge(Carsten Porskrog Rasmussen)
- Die Herzöge von Plön(Inge Adriansen & Silke Hunzinger)
- Die Herzöge von Augustenburg(Mikkel Venborg Pedersen)
- Die Herzöge von Beck und die jüngeren Glücksburger Herzöge(Carsten Porskrog Rasmussen)
- Die Herzöge von Sachsen-Lauenburg(Cordula Bornefeld)
- Die Grafen zu Holstein (-Pinneberg) und Schauemburg(Helge Bei der Wieden)
- Die Reichsgrafen von Rantzau(Klaus-Joachim Lorenzen-Schmidt)

Anmerkungen
Literatur und gedruckte Quellen
Abbildungsnachweise
Register
Verfasser und Bearbeiter

* * * * * * * * * *

デンマークで出版された本を増補したものらしい。どおりで寄稿者の名前がデンマークばかりだと思った。専門からして当たり前だがエスベンもいる。編者は知らない人だが、調べるとオーフス大学にポストを持つ近世土地制度史の中堅どころらしい。ヒューベルは「社会経済史は終わった」と言っていたが、ちゃんといるじゃねーか。

いずれにせよ大変よくできている。図版も表も多く、ビジュアル的にも愉しい。以前この地域の歴史を調べていて、中世後期以降の諸侯領の変転があまりにも複雑で厭になったことがある。歴史などというものは、ブローデルが何を言おうが、君主の支配領域単位ごとの事件史を追うことで、最も効率よく理解できる。社会経済史や構造史などと言っている連中も、ほとんどの場合、その出発点として政治史や法制度史の洗礼を受けている。厭よ厭よと言っても、時系列的かつ事件史的な情報が、各人の歴史像構築の前提としてある。

本書と一緒に次の本も買った。家の書庫には複数巻のシュレスヴィヒ・ホルシュタイン史もあったので、これでいつでも講義の準備ができますな。要望があればだけど。
Ulrich Lange hrsg. Geschichte Schleswig-Holsteins. Von den Anfängen bis zur Gegenwart, 2 Aufl. Neumünster 2003.
Jürgen Ibs hrsg. Historischer Atlas Schleswig-Holstein. Vom Mittelalter bis 1867. Neumünster 2004.

ドイツはそもそも地域史のさかんな国であるが、シュレスヴィヒ・ホルシュタイン地方はその中でもバイエルンと並び他の地域を圧倒するのではないか。もちろんその背後には1864年以来のシュレスヴィヒ併合という歴史的事件があることは言を俟たない。その地域史研究の中心となっているのが1833年に設立された「シュレスヴィヒ・ホルシュタイン史協会」とキール大学であり、そこで得られた成果を高いクオリティで世に送り続けているヴァハホルツ出版社である。大学、歴史協会、出版社の幸せな結婚(3人で結婚はないが…)とでもいうべきシュレスヴィヒ・ホルシュタイン研究は、ドイツ史だけではなくデンマーク史にとっても大変な貢献をしている。残念ながら日本ではこの地域の専門家がほとんどいない。

共通テーマ:学問

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。