So-net無料ブログ作成
検索選択

アルフレッド大王伝 [Sources in Latin]

Alfred the Great.jpg
アッサー(小田卓爾訳)
アルフレッド大王伝
中公文庫 1995年 339頁

はじめに
序章 アルフレッド王への道

アルフレッド大王伝

解説
略註解
固有名詞 略解・索引
年表
引用・言及文献

* * * * * * * * * *

初期中世のGreatといえば、東ゴート王国のテオドリック(在位493-526)、フランク王国のカール(768-814)、ドイツのオットー(936-973)、デンマークのクヌート(1017-1035)、そしてウェセックス王国のアルフレッド(871-899)である。カール大帝とアルフレッド大王には、正史といってもよいラテン語伝記作品がある。前者はアインハルトの『カール大帝伝』であり、後者が本書『アルフレッド大王伝』である。

文庫版オリジナルで増刷もしていないせいか、本書の存在は意外に知られていない。しかし、底本は決定版であるスティーブンソンであり、注釈は最新のケインズとラピッジのものまで参照している。訳注者の小田は古英語学を専門とするが、大変力の入った作品である。テクスト翻訳部分は80ページでたいした量ではない。『カール大帝伝』よりは長いかもしれないが、読み物としては一瞬で終わる。固有名詞には違和感があるが、研究者は校本を手元に置くのでよいとしよう。中世に関心のあるものは、手元においておくべきであろう。幸いにして今のところ古書で安く手に入る。文庫といえどもよいものはすぐに一冊5000円といった気の触れたような値段がつくので、ほしいひとは早めに買っておきましょう。

アルフレッドは、ヴァイキングから国を護った救世主ということで、イギリス史上最も著名な人物の一人である。にもかかわらず研究は少ない。少ないというのは語弊があるかもしれない。論文はかなりある。アングロサクソン史を志すものであれば、だれもが一度は手をつけようとする。しかし、まとまった伝記的著作は意外なほどない。近年のものは、史料批判に問題のあるスミスと軍制史家のリチャード・アーベルのものだけである。サイモン・ケインズが筆をとるべきだろうが、私の知る限り、彼は近世以降の受容史を扱う長尺の論文をものしたに過ぎない。ジャネットネルソンだったかが、「アルフレッド王の伝記はなぜか書かれないか」といった論文を書いていたような。

『アルフレッド大王伝』は、ヴァイキング研究にとっても必須の史料である。にもかかわらず、正面から取り上げた研究は少ない。理由は、本伝記にプロパガンダの要素が強いからであろう。『アングロサクソン年代記』の情報のほうが信頼度は高い。それはわかった上で、『カール大帝伝』との比較で何かできないものかなとも思うが…。いずれも「国を護った王」をフィーチャリングしているわけだし。

共通テーマ:学問

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。