So-net無料ブログ作成

修道院 [Medieval Spirituality]

聖ベネディクト会.jpg
今野國雄
修道院(世界史研究双書7)
近藤出版社 1971年 286+36頁

はしがき
1.序章
2.遥かなる修道の源
3.東方修道制の形成と東西交流
4.西方修道制の始まり
5.修道制の確立
6.修道制の普及
7.修道院の生活とその変貌
8.修道院の改革運動とその影響
9.新修道会の発生とその活動
10.托鉢修道会の起りとその活動
11.最後の光芒

参考文献
年表
索引

* * * * * * * * * *

慣れない講義をしなければならないので、修道院関係の本を書庫から引きずり出す。今野の書物としては、岩波新書の『修道院』が有名だが、こちらのほうが詳細である。初版が1971年と古く、海外の基本書(これこれ)や朝倉文市、関口武彦、杉崎泰一郎の書物等で新動向を補足はしなければならないが、修道院の流れが過不足なく描かれている。中世初期に重点は置かれているが、宗教改革ではなくマビヨンで締めるところにセンスを感じる。きわめてよくできた修道院概論である。いま、復刊したとしても、教科書として需要はあるのではないか。

高校の頃から、修道院と教会の違いがよくわからず、苦労した。信仰のあるものにとっては自明なことかもしれないが、修道院の中にも教会があり、教会人も修道院出身が多く、いまだに理解に苦しむ。戒律にしたがって生きるのが修道士だが、11世紀以降、律修参事会なるものもできる。修道士は荒野を好むと思いきや、托鉢修道士のように街場に修道院を構え、大学や異端審問所で活躍する連中もいる。騎士修道会はすすんで戦いに馳せ参じ、異端修道士やサヴォナローラは好んで人々を扇動する。せっかくの機会だがら、じっくりと勉強するか。

今野は一橋の上原ゼミ出身である。一橋、旧東京商科大学は、法制史の三浦新七を嚆矢とし、ドイツ史の上原専祿と社会経済史の増田四郎を擁した。戦後、総合大学に改組したのち(初代学長は上原)、三キンと称されるドイツ国制史の山田欣吾、ビザンツ経済史の渡邊金一、ドイツ社会史の阿部謹也を生んだ。加えて、早世した清水廣一郎である。かつて、と留保をつけるが、人文学の雄を自認する東京大学や京都大学と、どちらが中世史学として生産的な空間であっただろうか。仮に私が西洋史学史の筆を執るとするならば、国立の果たした役割をその流れに組み込むだろう。

今野の業績は、「今野國雄先生 : 年譜と業績」『青山史学』12(1991年), 3-11頁にある。くわえて、『夜想』のペヨトル書房を率いた息子今野裕一による「父の死」というエッセイも。

写真は富士の裾野にある聖ベネディクト修道院。

共通テーマ:学問

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。