So-net無料ブログ作成
検索選択

ローマ法 [Classics in History]


原田慶吉
ローマ法〔改訂〕
有斐閣 1955年 408+52頁
第1部 ローマ法制史序説
 第1編 ユスティーニアーヌス帝に至るローマ法
 第2編 ユスティーニアーヌス帝以後のローマ法の発展
第2部 私法
 第1編 総則
 第2編 物権
 第3編 債権
 第4編 親族
 第5編 相続
 第6編 相続
索引

* * * * * * * * * *

専門の関係で法行政に対する関心は人並み以上にあったが、こういった法学部の教科書を前にするにつけ、法学部と文学部の差を感じる。これも法学部の友人に勧められて読んではみたが、一向に進まなかった。もちろん斜め読みで最後まで目を通すことは通したが、頭に全く残らない。哲学書と同じで、述語の定義が頭に入っていないと、一行を理解することすらできない。それになにゆえ私法だけなのか。

ローマ法に関しては次の著作がよく引かれる。
マックス・カーザー(柴田光蔵訳)『ローマ私法概説』(創文社 1979年)

最近では次の書もある。
フリッツ・シュルツ(真田芳憲・森光訳)『ローマ法の原理』(中央大学出版部 2003年)

原田慶吉(1903-50)は東京帝国大学法学部教授。ここに年譜等がある。ところでこの前ある研究会に出席して思ったことがある。日本は維新以降近代化を進める際、憲法をプロイセンより、民法をフランスより学んだ。高校生でも知っている事実である。がしかし、法実践は、法典があるのみでは成立しない。無数の事例に対応させるべく、法の解釈が必要である。その解釈はどこの法技術に拠っているのか。プロイセンとフランスでは、同じ大陸法の系譜とは言え解釈技術も異なるし、さらにややこしいことに、帝国大学の法学者のなかには、英米法を吸収したものも多い。大陸法と英米法は、とりわけ後者が判例重視である点において、根本的に異なる。法の継受と影響はよく言われるが、近代日本の法解釈の継受と影響はどうなっているのか。法学者には常識かもしれないが、何も知らない私は大変気になる。
nice!(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。