So-net無料ブログ作成

Les institutions politiques centrales du Danemark 1100-1332 [Medieval Denmark]


Thomas Riis
Les institutions politiques centrales du Danemark 1100-1332(Odense University Studies in History and Social Sciences 46).
Odense: Odense UP, 1977, 397 p.

Introduction
1 partie: Cinq problèmes
Ch.1. Les Gesta Danorum de Saxo: l'authenticité de leur division en livres
Ch.2. La loi sur la mémie
Ch.3. La date de la loi sur le crime de lèse-majesté
Ch.4. Le groupe de lois dit "Den Abel-Christofferske forordning"
Ch.5. Le projet de loi du 9 octobre 1276

2 partie: La structure de la royauté
Ch.1. L'idéologie royale dans les arengae des diplômes royaux
Ch.2. Théorie d'état et théorie royale chez Saxo
Ch.3. L'idéologie royale d'après les sources non-écrites
Ch.4. Les saints royaux
Ch.5. Les pouvoirs royaux

3 partie: La structure des assemblées politiques
Ch.1. La ménie royale
Ch.2. Les meliores regni
Ch.3. Le conseil
Ch.4. Le parlement

4 partie: Les fonctions politiques
Ch.1. Les successions
Ch.2. La législation
Ch.3. L'exécutif
Ch.4. Le pouvoir judiciaire

5 partie
L'administration de l'Estonie 1238-1346

Conclusion
Table des figures
Sources et travaux consultés
Dansk résumé
Post-scriptum
Index onomastique

* * * * * * * * * *

著者トマス・リースはアクセル・クリステンセンのもとで28才でマギステル号を取得し、コペンハーゲン大学の講師職を得た。序文に制度史への関心は、クリステンセン、スキウム・ニルセンそしてベルゲンのクヌート・ヘッレによって喚起されたとある。その後本書によりオーデンセ大学で博士号を取得したのち、北欧、イタリア、ブリテンを遍歴し、現在はキール大学の正教授職にある。著者は来日経験もあり、その講演は翻訳されている。
トーマス・リース(鵜川馨訳)「デンマーク中世都市の類型」 『立教経済学研究』33-1(1979)
トーマス・リース(鵜川馨訳)「デンマークの国制 1100-1332」 『立教経済学研究』32-3(1978)
トーマス・リース(鵜川馨訳)「デンマーク中世都市の法的・社会的問題」 『立教経済学研究』32-2(1978)

博士論文公刊直後である。比較都市史研究会による招聘なので聞き手の多くは都市への関心が高かったのだろう。いずれにせよ日本語で読めるほぼ唯一の中世デンマーク研究である。リースは論文を英独仏語で執筆し、国制から社会史までオールマイティであるため、北ヨーロッパを扱った様々な論文集でその名前を見ることができる。なおリースの父親はP・J・リースといって、デンマーク考古学の大家であった。

本書第5部にあるように、1238年から1346年まで、バルト海東部のエストニアはデンマーク領であった。いわゆるヴァルデマー時代であり、ヴァルデマー2世勝利王(在位1202-41)が獲得したこの領土は、ヴァルデマー4世再興王(1340-75)によってドイツ騎士修道会に売却された。
Niels Skyum-Nielsen, Estonia under Danish rule, N. Skyum-Nielsen & N. Lund(ed.), Danish Medieval History. New Currents. København: Museum Tusculanum Press, 1981, p. 112-35.

ヴァルデマー時代は中世デンマークの拡張期である。リースによる近著は、小著ながらこの拡大過程を適切に整理する。
Thomas Riis, Das mittelalterliche dänische Ostseeimperium(Studien zur Geschichte des Ostseeraumes 4). Odense: UP of Southern Denmark, 2003, 110 S.
Vorwort
K.1: Der Hintergrund
K.2: Die Wendenzüge bis 1169
K.3: Die Pommernzüge nach 1170
K.4: Schleswig, Holstein und Mecklenburg
K.5: Der innere Ostseeraum
K.6: Blüte und Verfall des Imperiums
K.7: Estlad unter dänischer Herrschaft 1238-1346
K.8: Imperiale Träume und Tatsachen
K.9: Rückblick
Quellen- und Literaturverzeichnis

この時代、スウェーデンも対岸のカレリアへ、ノルウェーもアイスランド方面へ拡張を図った。いずれも内乱期を経て、中央行政制度と法システムが整備される時期にあたる。ヴァイキングとカルマル同盟だけが中世北欧という発想は、いい加減払拭されるべきである。


nice!(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。