So-net無料ブログ作成

Norges historie fram til 1319 [Medieval Norway]


Claus Krag
Norges historie fram til 1319.
Oslo: Universitetsforlaget, 2000, 316 s.

Først del: Norges historie fram til 1319
Kap.1 Fra istid til vikingtid
Kap.2 Samfunnet i vikingtiden
Kap.3 Rikssamlingen begynner ca. 870-995
Kap.4 Kristningskongene ca. 995-1035
Kap.5 Rikssamlingen fullføres ca. 1035-1130
Kap.6 Det kristne samfunnet
Kap.7 Ting og lov
Kap.8 Innbyrdesstrider og kampen for et nytt kongedømme 1130-1170
Kap.9 Sverres tidsrom ca. 1170-1202
Kap.10 Ny samling 1202-1263
Kap.11 Jord, gård, samfunn
Kap.12 Byer og handel
Kap.13 Kultur og mentalitet
Kap.14 Utbyggingen av middelalderkongedømmet 1263-1319
Kap.15 Utenrikspolitikk 1263-1319 og norsk-svensk union

Annen del: perspektiver og problemer
Kap.1-Kap.15, de samme titler som den først del

Kongerekken inntil 1387
Slektstavler
Tidstavle
Kilder og litteratur
Liste over kart og figurer
Navneregister
Forfatterregister
Sakregisiter

* * * * * * * * * *

1943年生まれの著者はテレマーク高等学院の歴史学教授。コペンハーゲン大学のニルス・ロンと並ぶ北欧の代表的ヴァイキング史家。伝統的な文献学的手法によってノルウェー初期史の通説的見解を提示。ヴァイキング時代を扱いながら考古学や地名学をそれほど利用しないため、ニルスは「極めて保守的」と評していた。イギリス留学中に地名学の有効性に目覚めたニルスからみれば、確かに「保守的」である。とはいっても、クラウス・クラークの文献学的手法で明らかとなった事実は多く、ニルスもその業績には敬意を表してゼミではしばしば紹介していたが。

クラークの博士論文は、
Claus Krag, Ynglingatal og Ynglingesaga. En studie i historiske kilder. Oslo: Universitetsforlaget, 1991, 286 s.

であり、しばしば北欧古史の史料として引用されてきたイングリンガ・タルの一桁世紀の情報は、歴史学的には疑わしいという事を実証している。

本書の第一部は通史、第二部は研究史をサーヴェイしての文献批判と、歴史学の教科書としてはほぼ満点のできである。ノルウェー中世史には伝統的に二つの教科書があり、一冊は個人の手になる通史、もう一(ニ)冊は膨大な文献を挙げた研究動向史である。
Andreas Holmsen, Norges historie. Fra de eldste tider til 1660. Oslo: Universitetsforlaget, 1977, 482 s.

は、社会経済史をベースとした通史。ノルウェー歴史学の立役者にして外務大臣経験者エドヴァルト・ブル(1881-1931)以来の伝統である。なおエドヴァルト・ブルには同名の息子がおり、やはりマルクス主義に親和性があり、労働者階級の研究に従事する歴史家であった。
 欧米では時として自分と同じ名前を子供につけるが、どのような意図があってのことか、私には想像できない。カトリックであれば、たまたま誕生日が一緒で、同じ守護聖人の名前を貰ったという事もあろうが。
Per Sveaas Andersen, Samlingen av Norge og kristningen av landet 800-1130. Oslo: Universitetsforlaget, 1977, 382 s.
Knut Helle, Norge blir en stat 1130-1319. Oslo: Universitetsforlaget, 1974, 289 s.

両書とも「Handbok i Norges historie」の一冊なのであるが、このシリーズが完結する事はなく、中世後期該当部はいまなおない。いま生きていたとするならば、ラーシュ・ハムレの仕事になったのだろうが。


nice!(1) 
共通テーマ:学問

nice! 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。