So-net無料ブログ作成

エッダ 古代北欧歌謡集 [Sources in vernacular]


谷口幸男訳
エッダ 古代北欧歌謡集
新潮社 1973年 310+14頁

エッダ/巫女の予言/オーディンの箴言/ヴァフズルーズニルの歌
グリームニルの歌/スキールニルの歌/ハールバルズの歌/ヒュミルの歌
ロキの口論/スリュムの歌/ヴェルンドの歌/アルヴィースの歌
フンディング殺しのヘルギの歌I/ヒョルヴァルズの子ヘルギの歌/フンディング殺しのヘルギの歌II
シンフィエトリの死について/グリーピルの予言/レギンの歌/ファーヴニルの歌
シグルドリーヴァの歌/シグルズの歌(断片)/グズルーンの歌I/シグルズの短い歌
ブリュンヒルドの冥府への旅/ニヴルング族の殺戮/グズルーンの歌II/グズルーンの歌III
オッドルーンの歎き/グリーンランドのアトリの歌/グリーンランドのアトリの詩/グズルーンの扇動
ハムジルの歌/バルドルの夢/リーグの歌/ヒュンドラの歌
グロッティの歌/フン戦争の歌またはフレズの歌/ヒルデブランドの挽歌

スノリのエッダ/ギュルヴィたぶらかし

解説
参考文献
索引

* * * * * * * * * *

エッダは通常『王の書 Codex Regius』に記されている詩エッダと、スノッリによって纏められた散文エッダに分かれる。本書は詩エッダが中心となるが、同じ著者が大学の紀要に散文エッダの邦訳を掲載している。

谷口幸男訳注「スノリ『エッダ』『詩語法』」『広島大学文学部紀要』43特揖号3(1983), 122頁
谷口幸男訳注「スノッリ・ストゥルルソン『エッダ』「序文」と「ハッタタル(韻律一覧)」(1)(2)(3)」『大阪学院大学国際学論集』13-1(2002), 203-30頁, 13-2(2002), 125-54頁&14-1(2003), 99-130頁

また、アイスランド学の大家の校訂による「巫女の予言」の邦訳もある。
シグルズル・ノルダル校訂(菅原邦城訳)『巫女の予言 エッダ詩校訂本』(東海大学出版会 1993)

ノルダルによるスノッリ研究をしっかりと読んでみたいが、とっつきの悪い現代アイスランド語であるため躊躇する。

実はエッダの梗概は、明治時代初頭の日本に伝えられていた。もちろん北欧語からではない。明治に入り広く西洋の知識を導入しようとした文部省が、英学者箕作麟祥(1846-97)を監修者として「Cahmber's Information for the People」(1833)の第四版(1860)を底本とした「百科全書」全88巻を企図し、その一冊として薗鑑訳『北欧鬼神誌』(1878)が出版された。その興味深い過程と内容が次の論文で明らかにされている。
谷口幸男「『北欧鬼神誌』について」『大坂学院大学国際学論集』4-2(1993), 143-62頁

また、当時の百科全書について、
杉村武『近代日本大出版事業史』(出版ニュース社 1967)
福鎌達夫『明治初期百科全書の研究』(風間書房 1968)

エッダは古典なのだから、ベーオウルフやロランの歌がそうであるように、様々な翻訳があってもよいと思う。

写真は『王の書』。かつてコペンハーゲンの王立図書館に保管されていたが、現在はアイスランド大学付属アルニ・マグヌッソン研究所にある。かつてここを訪れたとき研究員に「いま見ることできる?」と聞いみたが、「無理。でも見ても仕方ない小汚ねえちっちゃな本だよ」と言われた。展示室に常時公開されている『フラート島本』の彩色画は大変美しかった。


nice!(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。